SSブログ

失意の日本シリーズ第6戦・第7戦 [ドラゴンズ]

自分はドラファンだが、選手の好き嫌いは多少ある。
荒木はどうにも信用できない。
守備のイメージがあるが、エラーは多いし、勝負強いイメージがあるが、
チャンスに打てないどころかバットにかすりもしないし、バントが上手い
イメージがあるが、かなり失敗が多い。

だが、ドラの、特に短期決戦の勝敗のカギは荒木だと思っている。
日本一になった時は、荒木が好調だった。
はたして、今回は。

第6戦、バントはミスるは、絶好機でストライクを見逃し、解説の野茂を
絶句させるは、当たりはよくても一塁の真正面に打ってしまうはで、
負けに等しい引き分け。
(拙攻の続く展開に、死闘とはほど遠い試合内容だったが、解説の
古田は素晴らしかった。彼は本当に野球が好きなんだね)

第7戦、荒木が出塁した序盤は点が入ったが、凡退した中盤以降は
やはり点が全然入らず・・・。

それにしても、平田には本当に失望させられた。
個人的には、初球のあの見逃しで、この試合は終わった感に襲われ、
急激に応援するモチベーションが低下し、TVを見るのを止めた。
結果は、やっぱり・・・。



nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 3

高野連

今回に関してはロッテに中日投手陣に対する「苦手意識」が少なかった(なかった?)のが大きいかもね。
阪神や巨人は浅尾が出てきたら「もう負けた」ってあきらめちゃうからね(笑)。

第6戦の「泥仕合」はホントにおもろかった!
あんだけのサヨナラのチャンスを1回も決められないなんて、普通ありえんだろ?
寝る前に血圧測るんだけど、あの試合の後は高かった(笑)。

古田の解説に関しては全く同感。
彼が捕手でありながら2000本のヒットを打てたのも納得です。
by 高野連 (2010-11-09 22:58) 

源さん

結果論から言うと、初戦の先発をチェンじゃなくて吉見だったことが失敗で、エース吉見を打ち崩したことで、高野連殿の言っている「苦手意識」というかやりにくさを感じる前に、やれると思ってしまったように思います。

第6戦はホントあり得ないですね。
江夏の28球は伝説となっているけど、あの時の近鉄状態が毎回続いてるようなもんだもんな。(ちょっと言い過ぎか)

栗山はなんとなく理論が気に障る時があるけど、古田は理論に野球少年のようなパッションが加わり、非常にいい感じでした。彼に比べると、7戦目の金本・清原は松木クラスですな。それでも平田の見逃しの時は、彼らと意気投合してしまいました。

by 源さん (2010-11-10 00:39) 

熊五郎


お風呂で洗いっこ楽すぅぃぃぃぃ!!ヽ(*´ー`*)ノ
若い女の子にあんな体中さわられたの初めてだぜぇぇぇ!!

もー我慢できなくてベッドに戻るまでに3回もヤっちまった!!
これやってたら風 俗とか行く気なくなるわ(笑)
http://gdr39wd.jp.mg999.info/gdr39wd/
by 熊五郎 (2011-04-11 06:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます